エルダースクロールズオンライン日記



 ■Game & Analysis HomePage   [Rupa-Rupa.Net]       Since1999−09    Last UP

back
●こちらは、【PC】のオンラインRPG「エルダースクロールズオンライン日本語版」プレイ日記をまとめたコーナーです。全然攻略とかないし、急がず慌てず日記などを書いていこうと思いますので、お時間ある方は、どうぞ。

エルダースクロールズ
オンライン日記


■トリアエズ、まとまってた方が見やすいなと思ったので、まとめただけです。気力があれば毎回日記ごとに追加します。気力があれば。

*2016 08/19 010




【TOP】 ←他のページ見てても、ここ押せばこのTOPページに戻るよ。 ・ 【001】 【002】 【003】 【004】 【005】 【006】 【007】 【008】 【009】 【010】


●2016/06/24  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件』

 いや…しかし容量すごいわ。インストールに85Gとかどんだけよ。そりゃまあインスト自体は放置したまま仕事に出たので帰宅したら終わってたけどさ、そもそも残り容量が47Gだったんよ。

 で、どうしたかと言いますと、外付けハードディスクを使いました。

 昔さぁ、Torune(トルネ)用に増設しようと買ってみたけど使えなかったから放置してたハードディスクがありましてだね、まさかここで役に立つ事になろうとは思っても見なかったんだぜ。

 一応ゲーミングPCなのでグラフィック関連も美しいままで遊べます。もちろんですが、正月にPCが壊れて修理しましたので、故障もしないハズです。ううう…、あれは悲しい事件だった…。


 まあそんなワケで、「エルダースクロールズオンライン」での冒険はこのネコキャラで行こうと思います。美少女キャラじゃないのか、だと? 馬鹿め! こんなバタ臭い絵でそんなのおるかい!

 操作がまだサッパリなのですが、一応コントローラは使えるようです。箱コンで問題ナシ。驚くことに通常攻撃がRTボタン。つまり右の後ろ側についてる余り使わないヤツ。長押しすると大攻撃。

 で、防御は左のLTボタン。両方押すと特殊攻撃の防御になります。普通はパッドの上面、右側についてるA・B・X・Yの4つのボタンを使うゲームがほとんどだから、さすがに戸惑ってしまった。

 しかしまあ、そっちのボタンは魔法やスキルなどの特殊攻撃を登録して使うようなのですが…、これについてはまたあとで説明します。

 とにかく、今回はあまり事前情報を仕入れない方向でした。動画くらいは見たけど、wikiは見てないのよね。だから把握するまで時間掛かりそうですな。ちと頑張るべ。ニャーーー!!


 そしてそして、こちらはNPCとの会話シーンですニャ! 自分を助けに来てくれたリリスさん。なんだ、美女じゃあないですか。そうか、これくらいは自分でも作れるのか…。

 会話は当然ながら日本語で声優のフルボイス。項目を選ぶだけで全部喋ってくれるし、フラグも立ちます。何度でも聞けるしね。

 話によるとだね、この牢獄には死人しかおらず、プレイヤー自身も拷問で死亡した霊魂なんだって。つまりは地獄みたいなもんよ。だけど、我が力が必要なので、このリリスさんが助けにきた、と。

 やばい! さすがは異世界に転生して勇者になった普通の高校生!! 女の子が助けに来てくれるとかマジハーレムまっしぐら。…でも、ここの世界の女性キャラは基本的にバタ臭いから…。

 とりあえず、リリスさんの先導により牢獄を抜ける。というチュートリアルが開始のようです。ここで操作や戦い方を覚えるまで歩き回ってOKという事ね。にゃるほど!


 フンッ! でえええいい!! おネコ様が大剣をぶん回して敵とのバトルに挑みます。敵の名前の上にあるのがHPバー。ウチのネコちゃんの右にある赤いのが自分の。緑がMP。

 戦闘中はアクティブに動く事ができ、敵は「FF14」みたいに範囲攻撃をしてきて、その予兆が地面に出たりします。それを移動で避けるわけね。自分は敵の攻撃を避けたり防御したりすると。

 フハハハハ! いいぞ! 我が筋肉が打ち震えている! 強敵との過酷なバトルに喜びを感じている! この一撃にて粉砕してくれよう!! ワハハハハハハ!!

 すいません、誠に申し上げにくいのですが、ワタクシの職業ソーサラーなんですけど…。魔法使いを選んだハズなんですが、なんで筋肉の喜ぶまま大剣なぞ振るってるんですかね?

 LVUPでスキルポイントが貰えるので、それを振り分けるようなのですが…。


 ふう…、やっと陸地に到着できたわ…。意外にアッサリでしたな。

 外にはNPCらがいて、話せばストーリーが進んでいきますが、別にクエストはやらないでOKみたいだね。街の人の荷物を盗んで賞金首プレイもできるみたいですし。その辺、自由でよろしい。

 個人的にはこの大剣をなんとかしたいので、LVを上げつつ散策しつつ、魔法を使うための手段を覚えていきたいと思われます。あれか? 魔法はやっぱり杖とか持たないのダメなのか??

 まあ、広いMAPに出たわけですし、しばらく周囲を歩き回ってみるのがよろしいですな。プレイしている時間は13:00頃でしたが、初心者さんはまばらでしたな。そりゃそうか。

 しかし、街のNPCとかにも声優ついててリアルボイスで会話が進むのはいいね。贅沢してる感がいい。今んとこ順調で、グラフィックは洋ゲーだけど、内容的には問題なく遊べてますな。


 ややっ! 海岸を歩いているとトカゲチョコボみたいなザコと遭遇。海岸線に打ち上げられた船の残骸(&死体など)を漁っております。おのれ! よくも同胞を!! 我が筋肉のサビとなれ!

 ウィッチャー3は死体とかグロくて閉口したけれど、このゲームの死体はドラクエシリーズの骨みたいなもん。血とか飛ばないし、グロさはまったくないので安心してくだされ。今だから白状するけど、ウィッチャー3のグロはやってて多少は慣れたけど正直ツラかった。それも売っちゃった要因。

 さて、話は戻します。こういうゲームだとお馴染みですが、敵は近づくと襲ってくるアクティブと、まったく気にしないノンアクティブがおりまして、敵の強さは名前の横にLV表記があるのですぐ分かります。遠くから見てもすぐ分かるようになってるし。

 しかも難易度が低い!! 魔法使いであるワタクシでも、大剣持って勝てちゃうくらい。まあ、序盤と言うのもあるんでしょうけど。…このゲーム、戦士とか魔法使いとか関係なく武器防具が装備できるそうなので、特化しないとツラくなるまでに色々な装備を使ってみたいと思います。


 これ、使い魔よ。前を向け前を。皆様にご挨拶しなさい。

 召喚魔法を覚えました。スキルを振ってボタンに登録するだけでしたね。ボタンとはさっき言ってたA・B・X・Yです。↑の画像の右下に紫のマーク出てるでしょ? それがそう。

 しかもこの召喚、一度出せばHPなくなるまで使えるし、死んでしまっても、また召喚すればいいので手軽です。やっぱ手数が増えると強いよね。そして、使いまくることで経験値が入って、召喚魔法自体がLVUPします。他にも召喚獣をフォローするスキルなどがあり、成長が楽しみであります。

 さて、戦闘はだいたい仕組みが理解できました。あとは散策ですな。とにかくMAPが広いので、周囲に落ちてる薬草やら鉱石やらを拾いつつ、ストーリーを遊んで行きたいでございます。

 よぅし! 行くぞ召喚獣よ!! …あれ? 消えてる。ああ、これ時間でも消えるのか?

↑UP

●2016/06/27  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・2』

 ふぬおおおおお! ハーピィィィィィ!! お前の命運もここまでだ! この筋肉の猫魔道師であるワタクシがその邪悪な牙を殺ぎとってくれよう! 食らえぇぇぇい!!(*攻撃決めてるのは使い魔)

 ふう、いい汗かいたぁああ!

 他に武器がないもので、両手剣の扱いに慣れていく魔法使いのワタクシでしたが、レベル上げ及び散策をしていると、この周辺のザコは余裕で勝てるようになってました。使い魔もいるしな。

 そして勢いに乗ったワタクシは、周囲に見える、ありとあらゆる敵を倒して”稼ぎ”を始めたのです。とにかく金を作らないと、魔法使いらしい武器が買えないw …そんな時でした。


 くっ…! 待ち伏せ…だと!?

 小さい建物に入るとすぐ真横に人影のようなものが見えたので、ここは先制攻撃だ!と我が体の一部のごとき両手剣を軽やかに振りかざしたのであります!! どぉだ! 一撃で仕留めたぞ!!

 仕留めたのは一般人でした…。
 街から離れた小さな建物に、乞食が住み着いていたのです…。

 そ、そんな…、異世界に転生してきたこの俺が…、勇者の俺が…ただの人殺し…だと?

 さすがは日本語版。丁寧なことに、悪事を働いてしまったワタクシに「悪漢」とは何であるかを説明してくれました。衛兵にも追われ、誰も相手にしてくれない…。悪の化身…。

 さらにご丁寧な事に、画面左下にタイマーのような数字がつきました。「悪事メーター」です。


 死体から思わず拾ってしまった遺品。ぶっちゃけ略奪品にはこんな説明が。

 刺繍(ししゅう)付きハンドタオル…。

 …この乞食、ハンマーフェル氏が刺繍までして持っていたタオル。乞食という恥ある日々を送っていたけれど、そんな彼も善良な一般人だった。そしてもう帰ってこない。そう、死んでしまった。殺されてしまったからだ!!

 なんて事なんだ…。どうして? 誰だ! こんなヒドイ事をするヤツは! 人間のやる事じゃあねぇ! 殺人鬼だ! お前には慈悲というものがないのか!? 血も涙もないのか!?

 違うんだ! 近くでハーピーが…、いや敵がいて、それで戦ってたら、違う、いや、違わないけど俺は、俺は悪くないんだ!! そうだ、こんなところに隠れている男が悪いんだ!!(←最低)


 くそっ、街には入れない。どうすればいい? もうキャラリセットしかないのか?

 そんなメッチャ狼狽(ろうばい)しまくってた時、左下の「悪事メーター」の数値が下がっている事に気がつきました。もしかして、時間の経過で罪が許されていく??

 つまりはそういう事らしい。時間はかなりかかるけど、1メモリ5分くらいでメーターの数値が下がるらしい。ならば、ここは全力アウトドアで行くしかない。むしろそれしか選択肢がないw

 おや? 知らない間に弓をGetしていたらしい。せっかくだし、ひと狩りしようぜ!

 弓はいいね。遠距離から一方的に攻撃できて、引っ張ってこれるし。もちろん、近接先頭には厳しいけど、攻撃力が落ちるわけでもないから、近づいてくるまでに、かなり削れる。加えて矢が無限。これはいい。今日から弓使いだ!(←いや、魔法使いだけどな)


 街から逃げるようにクエストを進めます。

 少し離れた場所で海賊がアヤシイ儀式をしているらしい。しかも生贄(イケニエ)まで用意してのヤバイやつ。勇者としては捕まっている人々を解放し、儀式をぶっ潰さなければならない!

 そう、ワタクシは勇者。人々のために戦い、悪を断ずる正義の使者。この筋肉の導くままに海賊という悪どもを懲らしめてやらねばならないのだ!

 …けして、泳いで逃げてるわけじゃないからね? 陸路に人がいるから避けるように海路を進んでいるとか、そんな事はないから。ちょっと泳ぎたくなったから泳いでたの! いいの!!

 しかし、泳げるゲームは名作が多い。潜れないのは残念だが、呼吸を気にせず移動できるこのゲームは素晴らしい。装備品が重くて泳げないとか、そういう無駄な仕様がないのもベリーグッド。


 おらぁぁぁ!! 海賊どもが! 食らえ、死ね死ねファイヤーーーーァァ!!

 いや、知らない間に魔法使いの杖も拾えてたらしいです。しかもこの攻撃魔法の杖もメラが撃ち放題な上に遠距離攻撃。特殊技でノックバック…、つまり後方への吹き飛ばしまである優れもの。

 こりゃあいいね。杖いいやん。気に入りましたわ。

 海賊もちょうどいい強さで、それほど苦労なく倒せるし、たまには金貨も落としてくれるので、この海賊島は育成に最適ですわ。…とはいえ、新規プレイヤーさんもちらほら見えるので、独占して狩りまくりできるかというと、そうでもない。

 だが、ここでなら悪をいくら殺しても罪にはならない。ククッ…、だって悪は正義に倒されるものだからな! この勇者の筋肉ファイヤーのエジキとなって死んでいくがいい! ニャヒヒヒヒ…!


 お、目的の人質みっけー。

 なんかヤバイ装置に繋がれておりますが、ここに来る前にちゃんとこの電撃みたいのを防ぐアイテムをGetしておいたので、ボタンひとつで救出完了です。これぞ勇者の行い! 正義の道ぃぃ!!

 ちょうどレベルも上がり、能力のスキル振り分けができるようになったので、MPとHPなど全体的にまんべんなく振り分けしました。完全にソロプレイで行くつもりなので、MP極振りとかは無理。

 まだLV5だし、最低品だけど魔法装備も手に入ったので、やっと本職として活躍できそう。

 前にスキルは使えば使うほどその技専用の熟練度がある事を書きましたが、杖も装備していれば杖LVが上がるので、この”何を装備していても無駄にならない感”が実にいい。そして防具にも熟練度があるので、ちゃんと魔法専用のローブが欲しいところですな。


 おおお……、待ち望んでいた釈放の時…。”一般人になった”…。

 悪事メーターがとうとうゼロになった事で、ようやく殺人罪から解放されました。あれは悪い夢。そう、あれは夢だったのよ。モルダー、あなた疲れているのよ。…全ては夢の出来事だったのだ。

 ちなみに、当然のことですが他人の持ち物を奪う事もできます。ボタンひとつで即座に悪人になれる素晴らしいシステム。街でわざわざ武器振り回さなきゃ殺すことはないはず。注意しよう。

 たぶん、盗品と殺人じゃ、悪事メーターの数値が違うんだろうね。殺人は16メモリだったけど、盗品はそれが少ないと予想。そして悪事を重ねれば重ねるほど、その数値が増えていくはず。

 よし、試せ? イヤだよ冗談じゃない! お前がやれ!!w


 ところで、海外ゲームとはいえ、外見を変更する課金アイテムは普通に売られているらしい。こういう着せ替え装備や、騎乗動物、ペット、経験値UPなどがリアルマネーで買えるらしい。

 さすがに数年先行して運営されているゲームなだけに、ショップの品数も充実している。日本語版は2年遅れで開始だそうだから、そりゃあ色々な種類の品が揃っているだろうね。

 そしてもちろん、海外でも”えろ装備”のようなモノはあるようで、やっぱり国は違えど、どこでもやる事は一緒なんだな、と笑ってしまった。そんなもんだよなw

 試着はボタンひとつで出来る。動かせないけど、その場で回転させる事ができまして、姿を見てから購入を検討できるみたいね。せっかくなので、試しにこの砂漠の女っぽいのを装備。


 ワロタw

 このだらしない腹w キャラメイクしてる時デブネコ風にしようと思って作成したら、ただの腹でたオッサンみたいになってて大笑い。っていうか、普通に女モノを装備できるのが超ナイスww

 …そんなわけで、まだ序盤も序盤なわけですが、色々な仕組みが徐々に理解出来てきて楽しくなって参りました。しばらくは魔法使い路線で行こうと思いますが、他の武器も使ってみたいぜ!

 それにMAPもまだまだ全然広くて、けっこううろうろ散策したつもりで、まだ2%も移動してないという広さのようです。先が長くなりそうですな。

 なに? 父さんまた途中で飽きてすぐやめるんじゃねーの? そんな声が聞こえてきますが、その辺はまだ分からんよ。ただ、急いで遊ぶつもりもないし、効率も求めないので、個人的にキツイと思ってる、画面酔いやグロなどの要素がなければ続くとは思います。

↑UP

●2016/07/01  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・3』

『死んだ人間は自分が死んでいると気づかない。霊魂よ、早くあの世に帰るがいい』

 それ、俺のセリフや!! 死んでるのはアナタ。ア・ナ・タ! よろしい?

『ははは、まったく何を言うんだ霊魂よ。そのように抵抗しても、死んでいる事実は変わらんぞ』

 だからお前だよ! お前が死んでるの! 体が半透明でしょ!? 透けてるでしょ!?

 アンデットモンスターがワンサカ居る遺跡にてボスを倒したら、そこに縛られていた魂達が解放され、様々な喜びを伝えてくる。この彼も親切で言ってくれているのだ。迷惑極まりないけどな。


 とある海賊が麻薬を広めて、人々が苦しんでいる。海賊と戦うためにネコ族の青年がそのアジトに乗り込んでいった…。という話を、その母親から聞きまして、救出へ向かいました。

 アジトに捕らわれていた猫青年はまだ殺されておらず無事だったのですが、海賊のボス・ハザクを倒すのを手伝わせてくれ、と頼んできます。足手まといは必要ないんだけど、ボス部屋の鍵を持っているので同行を認めないわけにもいかない。
 そしてボス部屋。海賊首領ハザクが部屋に一人だけいた。勇者であるワタクシは当然ながら電撃の杖で攻撃! ビビビビビビビビッ! しかし、協力させてくれ、と言ってた猫青年は動かない。倒すのを手伝うと言ってたのに手出しもしないのは、不具合かなにかかと首を傾げておりました。

 で、遠くで待っててくれた彼の母親の元へと戻ると超展開。海賊首領ハザクは彼の父親だった。麻薬でおかしくされて、もう取り返しが付かない状態だったから、殺すしかなかった。

 だから動かなかったんじゃなく、動けなかったのか。可哀想やな…。笑顔で殺したの俺やけど。


 さすがに色々なクエストがありまして、今回はこの街を舞台にしたシティアドベンチャーでございます。大国の外交官が交渉に来てたんだけど、何者かに殺されてしまった。

 そこで有能かつ気品に溢れた勇者たるこのワタクシが、その調査に乗り出したのであります。異世界に来る前までは、スマホゲーで怠惰な課金を繰り返すなど多くの功績を残しておりました。

 しかし、街の中はそれなりに広いので、目標の人物に話そうにもナカナカどうして会う事ができません。まだ操作に慣れきってないのもあり、コントローラを色々といじくって四苦八苦です。

 そんな時でした!!

 間違えて攻撃ボタンを握ってしまい、ワタクシは意図せずに、街中で攻撃を行ってしまい…。海賊の首領を倒したのと同じ威力の電撃がちょろっと、しかもホーミングで近くの的に…。


 ああ!! 電撃が!! 電撃が家畜に!! あああああああっ!!

 一瞬で悪者w 

 逃げるにしても、街のど真ん中じゃん? 衛兵そこらじゅうにいるじゃん? 逃げる余裕なんてあるはずないw 速攻で衛兵が寄ってきて、家畜を殺した罰金を払え!って金で手打ちにされた…。

 まあ、たまたま家畜で済んだから良かったけど、これがまた人だったらと思うと、勇者としては非常に遺憾でありまして…。まあ、悪気が無かったんだし、勇者だし、これくらい許されるよな!

 あああ…、金が…。ただでさえ、金欠だというのに…。

 しかし、危ねーよ! なんで街中で普通に破壊活動できるんだよ! しかしまあ、出来るようにしとくセンスが好きだけどね。洋ゲーっぽくて。というか、バカゲーっぽくてw


 ところ変わって外でのクエスト。

 女幽霊より「闇の書物」を集めて処分してくれ、という依頼でありました。言われたとおり各所へ回って全三冊を集めて持ってきたわけですが、処分前に金で本を買うという猫戦士に出会いました。

 女幽霊「その書物は危険なのよ! 早く処分しないと犠牲者が出てしまう!」
 猫戦士「金で買い取るよ。その方が自分もアンタも得をするでしょ?」

 …うむ。これは悩むな。女幽霊が言うとおり処分したらお金は入らない。これはただの善意でする事だからね。しかし、猫戦士は金を払うと言っている。確実に報酬が得られる。金が欲しい自分としてはこれはデカイ。攻略サイトを見ないでのプレイだから、どちらがいいのかを悩む。マジ悩みした。

 で、結局5分くらい本気で悩んで本は処分した。幽霊に呪われたら嫌だし。金よりも自分の命。


 島で大掛かりな悪さをしでかそうとしているシーバイパーと呼ばれる海賊達。彼らは魔法エネルギーを集中させて、街そのものを爆破しちゃおうと計画している。なんという恐ろしい事だ!

 だが、勇者であるワタクシの目が黒いうちは悪の行いを許さない。見よ! このワタクシの炎の杖を!! 火炎がほどばしる激しい杖を!! 今だ! くらえええええい!!

 あれ? 電撃の杖じゃなかった? さっきまで電撃の杖を使ってましたよね? 勇者様、あの杖はどうしたんですか? いや…、電撃は良くないよ。危ないでしょ。街とかさぁ。危ないでしょ。

 攻撃の杖は今のところ、炎、電撃、氷と3種類出てきてますが、それぞれ使い勝手というか特徴があって、単発でメラミ撃てる炎が使い易いんですよね。今のところ属性うんぬんは無いみたいだけど。どうなのかねぇ…。

 よし、とにかくこのクエストでこの島はラストみたいだし、気合入れてみるか!!


 そんなわけで、盛り上がったところで申し訳ないけど、次の島へ。

 いいんだよ! 熱中してたらスクリーンショット一枚も取ってなかったんだよ! いやー、見せたかったなー。ワタクシの英雄的行動、勇者としての目覚しい活躍。いやー惜しいなー。

 おっと過去を振り返ろうとするのはキミの悪いところさ。今はこの画面を見て欲しいんだぜ。またもや幽霊が登場しているが、これは冒頭で地獄を脱出させてくれた人物なんだぜ。幽霊じゃなくて、魔法による幻影をここまで飛ばしてるんだそうだ。さすがは魔法使い。

 近くの洞くつに居るから来てくれーっていうので、これからGO。

 とはいえ、先に色々と街を見学したいなぁ。などと期待に鼻を膨らませておりますと、もう就寝時間。ワシももう若くないからのう、10時間は寝ないと翌日調子がでんのじゃよ…。


 本日のラスト!! キャラメイクで美人さんを作ってみました! このゲームのキャラ造詣はオークと悪魔みたいな顔のゲテモノばかりで、よく言えば純ファンタジーなんだけど、正直キツイ。

 なので、努力に努力を重ねてメイキングしてみました。どうでしょう? 美人に見えます?

 これ以上は無理。ほんっとに無理。一応セカンドキャラとして登録し、プレイしてみますと、うちの猫勇者様とスタート地点が違った。おお、種族により分散するのか。これはいい。

 せっかくなので、猫さんとは違う近接戦闘として育ててみたいとは思いますが、あくまでコチラは猫さんメインでプレイですので、ナニトゾよろしく。ワタクシはニマニマしながら女キャラで遊びます。

 では、当方はこれより久しぶりの2連休に入りますので、もう寝る間も惜しんでプレイしたいと思います。10時間睡眠を9時間まで削るとか冒険かもしれんなwww じゃまた次回〜!

↑UP

●2016/07/05  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・4』

 なぜ僕は牢屋に入っているのだろう? 港町に到着して、さあ街を回ろうと鼻息を荒くしていたところだったはずだ。…むむむ。よく思い出せ。あれからどうなったのだ??

 お、思い出した! 仕事を求めて街の警備隊長さんに声を掛けたんだ。そしたら色々頼まれた。

 女王陛下の命を狙ってるヤツがいる。
 警備の配置図を悪党が盗んでしまった。取り戻せ!! → 取り戻したら持っててくれ。
 食料に毒を入れたヤツから毒入り食料も手に入れた。 → それも少し持っててくれ。

 警備隊長 → この自称勇者が女王暗殺を企む悪人です。証拠を2つも持ってます。


 ぎゃああああああああ! ひどいじゃあないかっ! 警備隊長あんまりじゃあないかっ!

 牢屋の中では死んでる人も居るし、どうしたものかと頭を抱えていたら、そこに現れたのは顔見知りのラムズ兄貴。いいところに来たな! おいらをここから助けておくれよ! 死にたくねぇよ!

 ラムズ兄貴はそこで死んでいる仕事仲間の男を助けにきただけで、ワタクシの事を助けに来たわけではないそうです。不幸中の幸いで救出されることになりました。イヤッハー!

 しかし、色々分かってきたぞ。

 ラムズ兄貴とそこの死んだ男は女王様直属の配下で情報収集などを行っている。そして女王の命を狙っているのは他でもない警備隊長であるという事。そして何よりも、この勇者・猫パンチ様をワナにはめたという事! 許さん…、絶対に許さんぞ虫ケラども、ジワジワとなぶり殺しにしてくれる!


 とはいえ、警備隊長が守護する女王陛下がいる屋敷へは、正体が割れているワタクシでは入れない。そこで、ラムズ兄貴の紹介で変装道具を使って潜入する事になりました。似合うかしら?

 どうやら、この兵士の服、現在の装備に関係なく見た目を変更できるアイテムのようです。課金で見た目を変える服装と同じ扱いみたいですな。なるほどね、これは便利だ。

 しかし、このゲームは課金の見た目装備に興味が沸かないなぁ。まあ、見た目の装備は自分がデブ猫だから着飾っても仕方がない、というのはある。歩くギャグだからなw

 騎乗動物なんかも売ってるんですけど、広いMAPを歩いて旅するのが好きなので、そちらも買わないと思う。他に経験値UPとか貴重な素材も売ってるけどそれもいらない。

 そう考えるとゲーム自体、パッケージ料金以外にはお金が掛からないんだから、安上がりかもしれないなぁ。あっ! でもサブの女キャラにえろ装備買わなきゃいかんわ! あーそれは仕方がない。


 よし、潜入成功! 女王に警備隊長の悪事を知らせ、きゃつの潜む聖堂へと潜り込んだ。そうなれば戦いが起こるのは必至! ここは任せておけ。勇者の実力、目に物見せてくれるわ!!

 そろそろ敵も複数出てきて強くなってるかと思えば、そんな事もなく。LV7なのですが、たいしたダメージも食らわずメラミ売ってたら勝手に消滅してた件。単にレベル上げすぎなのかしら?

 あー、そうらしいね。このスクリーンショットで敵のLVを確認すると、LV4になってる。戦闘開始しちゃうと、状況把握に泡食ってしまい、そういう細かいところ見逃しがちになるのよね。

 それに加えて、イベントシーンは日本だとよくあるムービーが流れて…というモノでもなく、戦闘継続しながら勝手に喋ってる。テロップすらでないので、よそ見して聞き逃したら内容不明という…。

 しかもまだ世界観で組織とか国家とかまったく理解する前の状態じゃない? そりゃあ色々言われてもファルシのルシがパージしてコクーンだわ。意味不明もいいとこ。


 そんなわけで、ワタクシを罠に蹴落とした犯人。そして女王様を暗殺しようと企んでいた犯人でもある警備隊長を討ち取ったワタクシは、女王様に事件のあらましを報告に行きます。

 おお! なんか、よく分からないけど、評価されてる! 女王直属の諜報員になれと誘われたぞ! なんという無職に優しい世界…。でもどうせ、名前以上の権限は貰えないよね。そういう役職貰っておくとシナリオ上で便利だもんね。えーはいはい。

 しかし陛下!! 諜報員の初仕事としてこれだけは言わせていただきたい!

 けっこうブスですね。


 今日のラスト。生産職をやってみました!!

 もう生産は待ちかねていたのですよ。もう所持品がさぁ、パンク状態でどうしようもないのよね。生産すると減るじゃない? だから生産したくて仕方がなかったのです。ほんと待ってた。

 素材を加工して…、例えば鉄鉱石を、インゴットにするという一次生産。そこから装備品を作る二次生産をプレイヤーは全部行います。解体して素材を回収するというのもあります。

 素材を売ってバッグの空き容量を増やすという選択肢もあったんですけど、素材売るのモッタイナイのよね。生産した完成品が高く売れたらそれに越した事ないと思ってたらパンパンだったという。

 とりあえず第一歩として「布の手袋」を作成。自分で装備できる程の良品が作れるようになるのは、一体いつのことなのかと気が遠くなります。まあ仕方がない地道にやろう。

↑UP

●2016/07/12  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・5』

 あれ? なにこの表示? この帯みたいなアビリティの項目なに?
 ワタクシ何にもボタン押してないんですけど。

 勝手に出てきて、しかも閉じないという妙な現象に見舞われたワタクシでしたが、とりあえず、MAPを開くと消えるという事が分かりまして、この帯を消すために四苦八苦しておりました。

 しかし、すぐ帯出てきて動けなくなる現象が多発。ちっ! これが日本語版移植かよ!

 などと悪態をついていたらですね、どうやらそっちの問題ではなく、コントローラがおかしいのではないかと勇者の本能が悟ったわけですよ。日本語版とかは完全に濡れ衣だった。失敬!!


 おらぁぁぁぁ!! 新しいのを買ってきたぜぇぇぇ!! オラぁ死ね鹿!!(←ためし撃ち)

 この間、…実に数日を要しました。なんせゲームショップ行くよりアマゾンで買うよりヨドヴァシキャメラの通販が安かったという現実問題を発見するために長い時間を費やしたわけですからね。

 おかげで夏アニメ第一話の録画を全て消化するという快挙を成し遂げてしまう程のヒマが出きてしまった! 早くプレイしたかったのに!! 諸君らにこの勇者の活躍を見せ付けたかったのにっ!

 コントローラさえ…、コントローラさえ壊れなければ! この怒りをどこにぶつければいいんだ!

 そんなわけで、尊いその辺の鹿が命を落としえしまった…。彼はなんの罪もなく森を歩いていただけだというのに。…嗚呼、なんという悲劇。しかし、勇者はどんな困難も乗り越えていかねばならない。夏アニメまだ始まっていない分も必ず全部見る! ワタクシはそう、心に誓ったのだ。


 さて、再開そうそうに大事件発生! 近くの村が兵士に襲われているだと?! まさかっ! 帝国の兵士が村を襲うだと?! 許せん、このワタクシが見に行ってくれる!(←物陰からコッソリ)

 そーっと見つからないように様子を見ると、確かに帝国兵の一団が村を占拠していた。敵のアジトと化した村長さんの家に忍び込むと、そこには衝撃の事実!!

 なん…だとっ!? 手引きしたのは村長さんだと!? この敵、「キャノンリーブ・ヴァラノ」というのが村長さんで、「キャノンリーブ」というのは”村長”の事らしい。ふーん。なるほどねー。

 さらに、本物の帝国兵士は監禁されて、装備だけを奪われ帝国の反乱に見せかける。女王の評判を下げるために、村長を村を利用し、村を売ったのだ。おのれ…、外道め! 許さんぞおお!

 で、速攻で倒したのはいいけど、死体からアイテム奪おうとしたら荷物いっぱいで取れない件…。


 はぁはぁ…、街まで戻ってアイテム売ってきたぜ…。さすがに遠かったぜ…。

 クエストを始める前に、所持品の空きを作らないと確実に持てなくなるのがこのゲーム。いや、不要な素材とか全部売れば持てるんだけど、モッタイナイじゃん。だからいつも困ってるのよね。

 そしてまた、女王陛下のクエストが始まるので、枠を30程空けて挑むことになりました。おお! 女王陛下!! 待たせてすまない。ずっと立たせて申し訳ない。30個分も空けてきました。

 どうやら女王は自身の即位にため、古代の霊と対面する儀式を執り行うために遺跡に入るようなのだけど、そこには女王の即位を否定する家臣が隠れているらしい。

 そうか、女王即位というのも大変なんだな。しかし、女王陛下。ワタクシは家臣として一つだけ言っておかなければならない事があります。…相変わらずブサイクですね。


 遺跡に入ると古代の霊が襲ってきます!! ヒィ! やめて! 落ち着いて!!

 女王はそこそこ強いんだけど、倒した途端に勝手に進んでしまうので、こちらが息つくヒマもない。そして敵も結構強いので、ほっといたら女王死んじゃうだろうし、とはいえ、自分も回復したいし。

 頼みますよ陛下! 陛下はブサイクなんだから、せめて行動くらいは慎みましょうよ。これで日本ゲーなら、ツインテールの幼女がパンツ見せながら一緒に戦ってくれて嬉しいんだろうけど、女王はこういう顔だから嬉しくもなんともないわ。いつ死ぬか分からないゴブリンキング守ってるようなもん。

 そして時間がないというのに、遺跡に落ちてるアイテムを根こそぎ拾おうと、ワタクシの勇者レーダーが冴え渡る。そこっ! 次はそこ! おっと、そこにも! おやおや、そこにもアイテムが!

 自分でも持てなくなるフラグが立ってるのは理解してるけど、拾わずにはいられない。


 いた! 祭壇の前に女王の政敵ノリオンとかいう人が待ち構えてた。

 しかし、政治的に立場を捨ててまで殺したかったって、それ政治家失格だよな。最初から女王に反発してて、話し合う余地もなかったそうだけど、殺し合うしか道がなかったのか!! なんてことだ!

 だが、ワタクシは今は女王陛下の部下なのだ。親しき友なのだ。昔からよく言うだろう? 長いものには巻かれろ、と。どっちの味方に付くのが正しいか? 考えなくても分かるだろう? 確かに陛下はブサイクだ。それはもう仕方がない。見込みゼロ! ワタクシを除けば天は二物を与えないのだ。

 でも、顔さえ我慢すれば権力最高やぞ? 勇者としてこんなラッキーな立場ねーだろ? どうよ? アンタはもしかしたら正義かもしれない。けど、そんな事はどうでもいいの。権力こそ全て!

 あっ、すんません。力説に夢中で攻撃するの忘れてました。申し訳ない。でも、使い魔は一生懸命戦ってますんで、ワタシ、見てるだけでいいでしょうか? する事なさそうなんですけど…?

↑UP

●2016/07/12  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・6』

 ふぅ…、激戦だったぜ。ほんの少しの気の緩みが勝敗を分けるキビシイ戦いだった。
 やったな! 戦友よ。さすがは女王陛下、そして恐るべきは勇者の力、といったところか!

 クリア報酬はたんまり…と思ったら、女王陛下お手製の弓矢だって…。そりゃあ友情の証的にはそれが嬉しいモノなのかもしれませんが、ねぇ? 所詮ただの木じゃねーかよ。ペッ! いらんわ。

 しかし、この品をどうするかはまた別で、受け取らなければクリアにはならない。
 はいはい、分かりましたよ。さっさと受け取ってクリア…、あ……。

 アイテムいっぱいで受け取れない!! フラグここに成立。


 さすがにここから街に戻ってアイテム売って戻ってくるとか苦行だし、しかもこの周辺は古代の霊、しかも強いのがワンサカいるので戻るのもひと苦労。皮肉にもそんな場所なのです。

 前回の村長倒した時も、報酬受け取ってクリアしないと周囲の敵が消えなかったのと同じで、今回も敵が残ったままになるはず。だとすると、戻るのはクソたるい。でも、所持品を捨てるのもなー…。

 もう仕方がないから所持品の容量を増やす課金アイテム買うことにするわ。バック容量なら増えても無駄にならんからね。1000円で10枠、買い切りか…。いい商売してやがる。

 元々、ゲーム開始時にお試しコインみたいのが500ポイントあるので、初回に限り500円分安いのは助かるけど、まあ、完全無料のゲームだからこれくらいは仕方がないかもな。

 とはいえ、不要な素材を決心して売り払えば、足りなくなる事もないはずなのに、それでも売れない性分なんだから困る。銀行かなんかでアイテム預けられないのかね? 銀行どこなの?


 で、えっちらほっちら歩いて歩いて、やっと街に戻ってきました。(←クエはクリアしといた)

 色々と売ったお金でバックパックの容量をさらに増やしておこうとカバン屋さんに立ち寄ったのですが…、容量拡張がけっこう高い…。次は5000Gかよ! 高すぎじゃあないの?

 このゲーム、元々課金ではなく、ゲーム内通貨でバックを拡張できるのですが、拡張するごとに、金額がガンガンあがるのです。最初は200G、次が2000G、そして今回5000G…。

 たぶんこれの次は1万とか2万なんだろうな…。しかしほんとお金が貯まらないよ。まだLV9だから、というのはあるけど、世の中の物価が高い。装備品とか全部拾い物だしな。

 いつくらいから稼げるようになるのか分からないけど、もう決めました。このゲームでは生産はやりません。素材は全部売って、金に換えてアイテム枠の確保に勤める。それが正解でしょ。探索とクエストメインで遊ぶ事にします。面倒なのは全部やんない。それも遊び方ですよ。


 さて、バッグ拡張はできなかったけど、そうなると手持ちの3000Gがまるまる余ってしまうな。装備品も拾ったりクエスト報酬で満足なの揃えてるし、特に買うものもない。

 今欲しいのはンマです。馬。足が欲しい。

 MAPは歩き回るのが楽しい。そしてDQ10でもそうなのですが、乗り物を用意してしまった事で移動は快適になったけど、その分だけMAPを狭くしてしまったという難点もありました。

 確かにMAP移動は時間を掛けるべきだとは思うのですが、行き来するのも流石に面倒になってきたw 色々と理想は口にしつつも結局はモノに頼ってしまうワタクシなのであります。

 で、売ってるンマの値段なのですが…。ワタクシさぁ、ネトゲとかで1k、2Mとかは一種のネットスラングみたいなものかと思ってたんだけど、本当にこういう使い方されてるんだな。高けーよ!


 先ほどチャージした分と合わせて、現在1000コインあります。課金ショップで乗り物を買うという手もあるのですが、意外と高いんだよね。まあ、安いので1300円とかなので、DQ10だのに比べると安いんですけど、乗りたいのが一つもないのが難点だわ。らいおん君とかいるけど高いw

 で、決心がつかずに、色々と見てみようかなと久しぶりに外見装備なども見ておりましたところ…。
 予想だにしない悲劇が…。

 これは着ないよなー、キャンセルキャンセル。…といつもの感覚でBボタン連打してたら、小気味よくコスチューム購入ありがとうございました!と表示されました。あれ? あれ? なんで? ?

 あっ!! このゲーム! 日本ゲーと決定ボタンとキャンセルボタンが逆だった!!! ウィッチャー3とかもそうだったのですが、日本と逆なのです。分かってたのに気を抜いてたらつい…。


 アイヤー! こんなの買ってしまたアルヨ! どこぞのオリエンタル衣装だたアルヨ!

 外見装備…、全体的にセンスが日本からかけ離れているせいか、身に着けている人見たことないんだけど、鎧だったら買う人もいたかもさいれない。しかし、これは買わないだろうっての買ってた。

 いや、ネコパンチさんには異様に似合ってる気がするけど、かといって買うほどのモノではなかったよな。いや、ギャグ狙いとか一切ないです。もしギャグを狙う気なら、先日の、踊り子女の服でも着せて「イヤァア! こんなの恥ずかしいわ!」とかやってた。今回のは想定外。

 これで完璧に乗り物も買えなくなってしまった。いや、課金すれば買えるけど、懲りずにすぐ買う気力が失せたw まあいいや。しばらく乗り物はお預けにしておこう。

 そんなわけで、今日はここまでだ、次回の冒険まで夏アニメ見ようぜ! アデュー!

↑UP

●2016/07/16  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・7』

 最近さぁ、どういうわけかログインすると必ずゲーム内は夜時間帯なんだよな。長時間ログインしてはいないから、夜のうちに終わって、昼間を見ていないという悲しみ。ラナルータ希望。

 さて、さっそく本編。今回は1つのシナリオをじっくり紹介します。

 ワタクシがいつも通りモッサリと野原を歩いてたらですね、クエストっぽいキャラが立っておりました。DQ10とかみたいに次にやるべきクエストを教えてくれるわけじゃないから、偶然の出会いのような突発クエストを見つける時がある。

 ほほう、海賊がまた悪さをねぇ…。しかしお姉さん、「”npc{”」とか文章の前に変な記号ついてますよ? これ、不具合の一種だよね? これ不具合ですよね? 間違いないですよね?


 おらぁ! 海賊は氏ね氏ねファイヤアアアアアア!!
 おかしいな? ごく最近、同じようなシチュエーションでファイヤー撃ってた気がする。

 しかし思うのですが、敵は悪人とはいえ、無抵抗の相手に背中から攻撃を仕掛けて、焼き尽くして金品を奪うというのは人としてどうなのかね? 街から奪うと衛兵が来るけど、こっちはこないしね。

 まあいいや。アイテムには善も悪もない。売ればキレイなお金だ。
 悪は根こそぎ倒す! そして根こそぎ奪う! これが勇者に選ばれたワタクシの特権である。

 しかし、こちらもLV9まで上がったせいか、敵のLV5なんて、その辺のカニみたいな弱さだな。その分こちらもLVは上がらなくなってきたけど、徐々に強くはなってると実感できる。

 確かに強くはなってきたけど、杖しか使ってないので、他の武器も使ってみようかな、などと考え中。やはりここは両手剣がでいくか? 中二病を発現させて二刀流でいくか…。ちと悩み中。


 お、この人が隊長さんだそうです。部下を救ってくれてありがとうだって。

 しかし、海賊は灯台を占拠した。灯台は航海するための重要な設備であり、逆に悪用されれば、海賊の船を優遇して通し、帝国の警備船を惑わすことができる。つまり、街を攻撃しても、救援はすぐに来れない事になる。…ふむ、それは確かに一大事ですな。

 取り戻すのはいいとしても、敵は警戒している。だから忍び込んだとしても時間を掛ければ増援がわんさかくるだろう。つまり、行ったら死ぬ。はぁ、そりゃあ大変ですね。(←お前が行くんだよ!)

 忍び込んだとしても、脱出できなくなるから、脱出のための転移魔法スクロール、それに灯台を破壊するための爆弾を手入れなければならない。ようするに、その辺の敵を倒してクエストアイテムをGetしてこい、そう言うわけね。

 とにかく時間がない。一刻を争うのか! OK、任せてくれ! 俺の本気を見せてやるぜ!


 とりあえずアイテム売ってくるわ。朝時間には戻りますんで…。えっほ! えっほ!

 遠いよ…。ほんと乗り物ほしい。
 でもイマイチ欲しいのがないからなぁ。

 っていうか、アイテム枠をなんとかしたいんですけど、素材全部売り払っても、それでも足りないという…。まあ、欲張って何でも拾ってくるからなんですけどね。でも拾ってしまうのが人情ですよ。

 考えてみたらさぁ、他の武器で遊びたいったって、今の魔法系の装備を売ってしまうわけにはいかないから、当然持っているわけだよね? 他の武器とか増やしたら、余計何も持てなくならね?

 マジで困った。どうしましょ?
 え? 課金? いや課金はちょっと…。


 さて、クエストアイテム揃えて塔に突入です! 塔の中には各階ごとに四天王が待ち受けてるとか、そんなワケはなく、普通にザコが数人いるだけです。おっと、ヘビもいましたぞ。

 ヘビも別に強くないので、海賊同様に紙のように燃え尽きていくだけで、障害にすらなりません。

 しかし、そろそろ範囲魔法が欲しいね。2体同時だと1体づつ魔法で溶かすしかないので、MP消費がデカくても、一度に複数倒せたら、それこそ魔法のダイゴミでしょうよ。

 実は今、召喚魔法と闇魔法くらいしか使ってないんだけど、この系統だとあんまりそういうの期待できなさそうなのよね。魔法の系統を増やすならアイテム枠も増えないので、魔法増やそうかしら?


 そして頂上。灯台の炎が燃え盛っております。
 これをクエストアイテムで爆破し、転移魔法…クエストアイテムで出ればクエ終了です。

 …とまあ、こんな感じのクエストでした。単発のクエストの割りに、ちゃんと灯台を用意し、頂上に灯台の炎など用意するというグラフィックのこだわりはさすがです。ここは手放しで賞賛しますわ。

 さて、次回は久しぶりに違うことをやりますかね。先日作成しておいて、まったく触れてなかった女キャラでプレイしてみますか。むさい猫ばっかりじゃ飽きるだろうしw

 ではまた次回! したらなー!

↑UP

●2016/07/19  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・8』

 さて、今回は一応作っておいた女キャラでプレイしたいと思います。

 前にも一度言いましたが、どうやらキャラの種族により、いくつかスタート地点が異なるようでして、1stキャラの猫パンチさんとは違う島に送られて島しました。新鮮でいいですな。

 しかし装備品は布の服のみで、靴すらない。かろうじてナイフ1本だけ持っているという悲しい初期装備であります。きっとここにもカニが沢山いるんだろういから、一生懸命倒してLVでも上げます。

 いや、でもね。正直言うと、もうカニ狩る嫌だわ。1stキャラの猫パンチ氏の頃に死ぬほど狩りまくった記憶が俺の心を深淵に引き落とす。もうカニは許してくれ! カニはもう…。


 お、カニ以外もいました。砂漠を歩き回る狼どもです。こいつらもワタクシと同じLV3。ちょうどよい相手でした。もちろんカニもいますが、同じ強さなら狼でいいや。カニをまた狩るよりマシ。

 で、ザコさんを倒しまくっていると、どういうわけか狼とか虫から武器がドロップします。なぜ狼が片手剣をドロップするのか不思議で仕方がないのですが、それでも助かるのも確か。

 このキャラについては、接近戦で行こうという方針でしたので、中二病を存分に発揮し、二刀流で挑んでみる事にします。しかしスタイリッシュとは程遠いな。バーバリアンみたいな女の声で、フン! ハァ!と気合を入れて攻撃する自キャラに悲しくなる。剣振るのもかっこ悪いしな。

 そうしているうちに、なんと「革の靴」を手に入れた! 狼を倒したら革の靴を持っていやがったぜ! 片手剣といい、一体どこに隠していたのやら…。さっそく装備! やった裸足じゃなくなった!


 その辺を歩き回っていると、女の人が立っていて、ナントカ王子という人が島の領主に目を付けられて墓地に閉じ込められてしまった! と泣き叫んでおりました。

「王子は結婚の約束をしてくれたのよ! だけど領主が彼を捕らえてしまったのよ!」

 まあ、島では領主の悪人ぶりが広まっていたのは知ってる。その王子とやらが捕まったのも本当の事なんだろうけど、NPCのお姉さんはどう見ても一般人で、その王子とかいうのが、そんな一般人に求婚なんてしたのか疑問。お姉さん…、騙されてんじゃね?

 まあいいや。その王子を助けなければ真相は分からない。とにかく彼が捕まっているという墓地に殴り込みだ! 両手にはそれぞれ片手剣が、そして革の靴を装備したワタシに不可能なない!

 …と、勢いよく挑んだら敵が強い…。敵の衛兵はワタクシと同じLV3なんだけど、複数いるし装備も整ってるらしく厳しい。お姉さん、悪いけど王子は諦めてください。こりゃ無理だわw


 さて、何事もなかった清々しい5分後。ワタクシは次の依頼を引き受けておりました。それは鍛冶師の男が母親にバケモノ退治をしてこい、と言われたけど怖くて戦えない、という話。

 剣は無くすわ、敵の目の前で逃げるわ…。どう見てもお前じゃ無理だろ、という鍛冶師さんの変わりに、この巨大ヘビを倒してあげる話なのですが、猫パンチ氏で戦った時より全然強い…。

 っていうか、やっぱり遠距離で敵を近づけないでいい魔法攻撃があからさまに強いのであって、二刀流とか中二病なんて気にするより大人しく魔法使ったほうが楽だわ。だって近づくと範囲攻撃してくるから避けないといけないし、その間は当然攻撃もできない。

 それに加えて、片手剣に革の靴では、そりゃあ、無理だろ。

 死にそうになっていたところを、他の冒険者さんが一撃入れてくれて倒すことができました。そういえばこのゲーム、ネトゲだったわw 今の今まで完全にソロだったもんな。こういう時はありがたい。


 鍛冶師の人と分かれて近くの遺跡に寄りました。すると、古代遺跡に眠る機械を動かすのだ!…と依頼されたのはいいのですが。またここで大きな問題が発生。

 いや、敵は普通に倒せる。うん、まあ勝てますな。さっきのヘビより全然弱い。
 なんというか、いつもの悩み?

 そう、またしてもアイテムがいっぱいで持てません状態になったのです。まあ、確かに街にはあまり寄らずにいたけど、初期状態でかばん拡張してないから、すぐ一杯になるんだろうな。

 重要そうなアイテムを落としたので拾わないわけにはいかない。仕方ないから不要な品を処分するしかない。街に戻るのも面倒だもんな。ほんとこれ、何とかしてくれよ。

 あー、どれ捨てようかな? 悩んでいる時にそれは起こったのです。


 捨てる、というコマンドの代わりに、破壊するというのを選ぶと、いわゆる捨てると同じ事になるのですが、初期装備の布の服。装備中のを破壊しようとしたらこんな画面になっちゃった。

 何がエラーなんだよ。このエラーは日本語訳と関係ない問題だろ。なんで初期装備捨てるとエラーになるの? でも画面はほぼ固まるし、画面から抜け出せないし…。ほんと困った。

 他の事が出来ないかコントローラいじってたら、関係ない装備中のズボンまで破壊してしまい…。うちの女キャラが完全に痴女。いやあああ! やめてえええ!! 見ないでえええええ!

 違うんだ! 違うんだ! 父さんはそんな事しない! 新しいネトゲを始めると、必ず女キャラの装備を剥いで街中をうろつく、そんなお子様みたいな真似は最近した事ない!(*昔はやってた)

 え? 画像が痴女の姿になってない? 無能? この馬鹿者めが! 見るのは俺だけでいい!

↑UP

●2016/08/08  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 俺が異世界に転生したら勇者だった件・9』

 あれ? ワタシは一体何をしていたんだ? う、頭が…。
 そうだ、あれは忘れもしない半月前。

 女キャラの下半身装備を着ているまま破壊してしまい、画面がバグって、お兄ちゃんのエッチ!と妹に殴られたんだったな。当方は記憶力には定評がある。寸分の違いもない事を神に誓う。

 いやね、こういうゲームなんで、長時間がっちつり時間掛けて遊びたいと思っておりまして。そのがっつり時間をいつにしよう、いつやろう、と右往左往しているうちに前回から半月過ぎたてたのよ。

 とりあえず、今の悩みは、そこのカラスに自慢のファイヤーボールが当たらないという事。なんでや! なんでカラスには魔法効かへんのや! 背景オブジェクト扱いで微妙にうざい件。


 ところで、今回は何をしようかというと、魔術師ギルドに現れた亡霊魔道師の依頼で、伝説の本を取りに行くという話。この人、有名な伝説の人だそうで、勇者であるワタクシが必要らしい。

 なんでも、敵対している魔法使いが、彼の大事な島を奪ってしまったのだそうです。奪ったって言っても過去の話じゃあないのか? 今更それを奪い返してどうしようってんだ?

 でも、なにやらシナリオ上ではその辺も問題になっているようでして、世界観やら状況やらがサッパリ意味不明なワタクシには何だか不明なのよ。正直、設定全開の会話が平然と行われているシナリオが本気で困る。…まあ、読んだところでやる事変わらないんだろうけど。遊んでる人は分かってやってるのかなぁ? そんな事ないよなぁ。

 でもまあ、どうでもいいや。
 クエストなら報酬もあるわけだし、いくだけならタダだし、行ってみようという事に。


 なんか、オドロオドロシイ場所に連れて行かれました。このダンジョンはレベルマッチングのソロダンジョンのようで、どんなレベルの人でも敵の強さが、プレイヤーと同等になるというもの。

 ヒィ! こんなところを一人でなんて!! 最初は歩き回る敵の恐怖にビクビク歩き回ってたわけですが…、実はMAPはかなり小さい。そして敵もまばらと把握。そうしたらもうあとは観光よ。

 ワッハッハ! 大したことねーわwwww ソロダンジョンとかwwww

 でも、敵が3匹集まっているところで、余裕ぶっこいて攻撃したら3匹同時に襲ってきて超ビビって混乱、瀕死になってギリギリ勝ったのは内緒。

 まだ、LV10で初のソロダンジョンだから、急激に強い事はないんだろうけど、進んでいくとヤバイダンジョンがごっそりあるんだろうな…。今から戦々恐々…。


 よし、とりあえず栄養を補給だ。
 テーブルの上にある品は根こそぎ持って行くスタイル。

 牛肉とか持っていくのはいいけど、わざわざ串は置いていく律儀なワタクシ。焼いている肉を丁寧に串から剥がして持ち歩くってどうなの? 奪うのに串だけ置いてくなよ。

 まあ、そんなわけで本日も置いてある品を片っ端からGetしていくから、相変わらず持ち物がパンパンな事案。しかし、銀行でアイテムも預けられると理解したので、全て持ち去っても余裕。

 銀行には草とか石とか実にどうでもいい品ばかり預けられている。しかしそうじゃない。他人から見ればガラクタだが、集めた本人から見れば、それは財宝にも勝るとも劣らないガラクタなのだ。

 本人から見てもガラクタだったら、それやっぱりガラクタじゃね?


 終点の祭壇のような場所に着くと、小型トカゲのような敵が死体をむさぼっていたので、丁重に不意打ちで炎の魔法を叩き込んでやりました。きゃつめは反撃もままならず消し炭に。

 …で、登場したのはコイツ。敵側の悪い魔法使い。シェオゴラス氏。

 この人、中々イカれた人で、悪人というより狂人みたいですな。ワタクシをここに送り込んだ亡霊魔法使いの欲しがっている本はくれてやるけど、それぞれに呪いをかけたよって喜んでた。

 そうしているうちに、こちらの亡霊魔法使いも現れ、口げんかしてお開きになってた。

 相変わらず世界の状況とか状況がワケ分からんけど、ただ単に、お前らの仲が悪いだけじゃねーの? それに周囲が巻き込まれて困ってる図なんじゃねーのこれ? 完全にそれだよな。


 さて、クエストはクリアしたものの、外に出ると相変わらず夜時間帯でした。なんでログインするといつも夜なんだよ。テンション下がるだろ。昼時間帯を少しくらい堪能させてくれよ!

 仕方ないので、アイテム整理のつもりで店の人に話しかけようとしたら、その辺の品を奪ってしまったらしく、たやすく窃盗犯に…。なんでや…、ただの操作ミスやろ…。

 ゲージが消えれば罪も帳消し。これまでの経験からそれを学んでいたワタクシは、ここを動かない事にしました。周囲には衛兵はいない。しかしヘタに動けば捕まってしまいます。

 だからタイムリミットまで、きっと朝になるくらいまで待てば大丈夫だろうと、ワタクシは思いました。そして朝時間まで、心静かに太鼓を叩くことにしたのです。…嗚呼、心が洗われる…。

 そして時間を潰すために、仕方なく、苦渋の決断によりニコニコ動画を開いたのであります。


 しかし現実は過酷でした。まったり動画でもみようかと思ったら、仕事熱心な衛兵が駆けつけ、罰金を払えと言ってきやがりました。僕は無実だ! お金なんて払えない!!

 とはいえ、ネトゲ放置しながら動画見るほど馬鹿馬鹿しい事もない。罰金は10Gだったので、仕方なく払うつもりでいたのです。払うつもだったのですが、選択に時間切れがあったらしく、そのまんま無慈悲な戦闘となってしまいました。

 岩にされて殴られ、逃げてもまた岩にされて殴られ…。
 10Gの窃盗犯に全力とか大人気ないですよ! ほんと容赦ねーなw 

 しかもその後、さらに追い討ちのようにサーバーメンテナンスで15分で切りますとか表示でやがりまして、またもや昼時間を味わうことなく犯罪者ENDという涙の展開。バッドエンドかよ!

↑UP

●2016/08/19  → 「エルダースクロールズオンライン日本語版」公式
 『ESO 2カ月待たずに半額セール…』

 あの、あの…、6月に買ったばっかりのゲームが2カ月経たずに半額で売り出すとか言ってるんですけど、フルプライスで買った父さん困惑中。

 きっとこういう流れ。

@発売前DMM.com
 やべっwww 海外で大人気のMMORPG独占できちゃうww こwれwはww バカ売れする!ww 覇権いただいちゃうぜ!ww 売り上げ爆上げだぜ! 接続数100万超えちゃうwwww

A発売日DMM.com
 おかしいな? 予約ほとんど入らなかったな。大騒ぎになってもおかしくない覇権MMORPGやぞ? そや! 告知が足らなかったんや! 色んな所にバナー出しまくって告知するぜ!

Bその一ヶ月後のDMM.com
 バナー出しまくったけど、まったく売れなくね? サーバー無料やぞ? 課金アイテムさっぱり売れん! どうなっとるんや! これじゃあ覇権どころか最下位だぞ! なんで売れないんだ!(絶叫)


 あのな? とりあえず落ち着いて聞け? 問題点は2つある。

 このゲーム自体は面白いと思うけどな、日本という国ではな、キャラメイキングでどう努力してもゴブリンかホブゴブリンしか作れないゲームは無理なんだ。我が国のスマホゲーム見てみろ、どんだけアニメ絵に支配されてると思っとるんだ。PSO2をよく見ろ。ゲームクソでも売れてるだろ?

 2つ目、翻訳がダメ。文章にはなってるけど質が悪すぎ。ウイッチャー3に全力で土下座するレベル。理解はできるけど、全体を見ると一つの会話として色々おかしい。

 個人的にはアニメ絵でなくてもいいけど、翻訳ひどいのはなぁ…。ついでに言うと海外サーバーと同一で外人と一緒なのも一般人入りにくい部分。ゲーム自体は悪くないのにね。
 とはいえ…、どう考えても半額で客が増えるとは思えないな。なんだかメンテも多いし、公式サイトは情報見づらいし。どういうわけかワタクシがログインするといつも夜時間帯だし!

↑UP

■ESO・TOPへ戻る